媚薬

www.biyakushops.com
世界人気の媚薬がここに!

海外から厳選された女性用媚薬の通信販売、効果絶大な媚薬と催淫剤を激安価格で販売中!

香港から直送!商品代金1万円以上は送料無料!郵便追跡は可能です。


店長コラム

当店をご利用していただいてありがとうございます。媚薬ショップ通販専門店の店長陳小芳と申します。 当店は世界中から厳選した媚薬を扱い、全商品が実験されている正規品です。効果あり、お客様の生活の楽しみを増えるように努力します。

注文方法
年中無休!土日、祝祭日も発送!
郵便追跡
郵便局留めでのご利用
通販専門店【媚薬ショップ】二次元コード
ホーム > その他記事 > 日本人性生活の調査
日本人性生活の調査

性生活について欧米に比べると日本は満足度の低い国だといわれています。実際に性生活についての調査の結果を見てみるとなるほどとうなずく結果ばかりです。特に性生活の頻度調査の結果では驚くべき数字が見えました。

もちろん、年齢によって性生活の問題は結果が違ってくるものではありますが、日本の夫婦のセックス頻度は平均すると48回となり、これは欧米の熟年夫婦にも及ばないような回数なのです。平均値ですからもちろん性生活に満足している夫婦ならこれ以上の回数になっているでしょうし、若いうちはそれ以上だったけれど年をとるにつれて性生活も変わってきて回数も減ったという夫婦もいると思います。

ですが、平均してみると欧米とは日本のセックス頻度は比べようもない回数になっているのが現実です。性生活への満足度は最近では回数だけではなく、内容だとも言われていますが、一度もないのでは内容も何もないですよね。もちろん、回数が少ない分、内容を充実させるという考え方もあるかもしれませんが、日本のセックス頻度については真剣に考える必要があると思います。

なお、同書の調査対象となった男女はすべて夫婦である。セックスをしてよいのは夫婦だけという社会倫理(あるいは建前)が厳然として存在した時代だった。

まず興味をひくのは「結婚直後の性交回数」という調査結果である。なお、結婚直後とは、結婚してから初めての妊娠をするまでの期間と定義されている。また、回数は週単位である(月単位ではない)。

1回以下 3.9%
1~2回  8.7%
2~3回 12.6%
3~4回 13.6%
4~5回 30.1%
5~7回 31.1%

なんと、週に5~7回がもっとも多い。全体の平均回数も週に3.9回である。現代のセックスレス夫婦など、とても考えられない回数といえよう。もちろん、「当時は現代とくらべて娯楽が少なかったから、セックスをするくらいしか楽しみがなかったのだ」といってしまえば身も蓋もないのだが。

おそらく、江戸時代の庶民の夫婦もこのくらいの頻度でセックスをしていたであろう。もっと多かったかもしれない。つぎに興味をひくのは、「性交姿勢」の調査結果である。性交姿勢とは、いうまでもあるまいが体位のこと。

正常位  84.5%
横臥位  40.8%
女子上位 1.0%
背後位  1.0%
以上の姿勢の混合使用 8.7%

正常位が圧倒的に多いが、これは現代でも同じではあるまいか。それよりも注目すべきは、「女子上位」や「背後位」の体位が極端に少ないことである。そういう体位をするのは恥ずべきことという観念が支配的だったからであろう。そんな桎梏から日本の夫婦を解放したのが、まさに前回紹介した『性生活の知恵』だった。

つぎは「性交前後の性愛技戯の有無」という調査結果。性愛技戯とは見慣れない熟語だが、要するに前戯、後戯のことである。

前戯後戯ともにあり  1.0%
前戯あり後戯は時々  1.9%
前戯のみあり     42.7%
前戯時々あり後戯なし 10.7%
前戯稀にあり後戯なし 3.9%
前戯後戯ともになし  39.8%

なんと、「前戯後戯ともになし」が39.8%もいる。夫は黙って妻にのしかかり、そのまま強引に挿入していたのだろうか。いくら夫婦とはいえ、これでは強姦に近い。およそ五組に二組の夫婦が、前戯も後戯もなしにいきなり性交をしていた

本文は媚薬ショップに出します、文章の原始の見出しはhttp://www.biyakushops.com/biyakunews/169.html、転載するのはこのラベルを持ってください。

«

»

店長おすすめ商品
  • CAYENNE強力催情水

    CAYENNE強力催

    ¥6,820

  • スペインD8水

    スペインD8水

    ¥3,370

  • 紅蜘蛛粉

    紅蜘蛛粉

    ¥2,360

  • アメリカ強力催淫水

    強力催淫水

    ¥6,250